肝ぱんレーザー

美容整形の中にはメドライトC6という治療もあります。 こちらの治療は、肝ぱんレーザーなどと呼ばれることもあって、文字通り肝ぱんに効果の高いレーザーになっています。

レーザーの種類は、QスイッチYAGレーザーというものが使われているのですが、実はこれまでレーザーと肝ぱんとの相性は悪いといわれていたのです。

レーザーでこの症状の治療は厳禁とされてきており、その常識を覆したのがメドライトC6となっているのです。 レーザーを肝ぱんに用いることによってどのような反応が発生してしまうのかというと、それはこれまでよりも症状が酷くなってしまう可能性があるのです。

しかし、こちらのメドライトC6ならば症状を酷くすることはなく、シミの原因であるメラニンをしっかりと分解してくれる作用を持っています。 また、メドライトC6の特徴にはダウンタイムが少ないというメリットがあって、そのためダウンタイムによって社会生活を制限されてしまうということもないでしょう。

施術後にすぐメイクが可能という部分も女性にとって嬉しいところで、これならば会社帰りや出勤前に治療といったことも可能ではないでしょうか。 さらに、同じく肝ぱんに効果的だとされているハイドロキノンなどと併用して治療を行うようにすれば、より高い改善効果を得られるかもしれません。

このように肝ぱんに大しては効果的な治療になっていますので、肝ぱん解消の選択肢のひとつにいかがでしょうか。